Skip to content

事業成果物

①「制作技術」教育プログラム(集合教育型、Web型)

【シラバス】
1.企画開発実践(業界の方による直接指導)
2.制作開発実践(業界の方による直接指導)
3.プレゼンテーション実践(業界の方による直接評価指導)

【達成度】
社会人(求職者)が普段では身に付けられない「グループ制作技術」を合同制作教育プログラムにより体験し、再就職へと結びつける。また、社会人(求職者)が様々な講座を受けた後、自分の持つ制作スキルがどの程度就職時に活用できるのかが不明確であるため、今回提供する教育プログラムにより明確にする。

【評価基準】
□グループ制作が円滑に実施できる
□グループの持つ各位の制作スキルを元に制作が実施できる環境設定ができる         

②「作品評価・ヒューマンスキル」教育プログラム

【シラバス】
1.作品評価(業界の方による直接評価指導)
2.作品プレゼンテーション評価(業界の方による直接評価指導)
3.ゲーム・CG系企業クリエイター業界セション(業界の方による直接指導)
□ゲーム・CG業界の求める人材
□ゲーム・CG業界の求めるスキル 等

【達成度】
社会人(求職者)が現在持っているスキルを明確にし、ゲーム・CG業界の求めているスキルに達しているかを確認する。達していない場合の不足しているスキルをゲーム・CG業界の方より直接指導頂き、今後スキルアップすることで、再就職へと結びつける。今回提供する教育プログラムは通常の就職活動では気づけないものを提供する教育プログラムとする。

【評価基準】
□業界の求める制作スキルを理解し、不足するスキルを認識できている
□業界の求めるプレゼンテーション能力を身につける

③「企業実務体験型」教育プログラム

【シラバス】       
1.作品制作企画審査(業界の方による直接指導評価)
2.作品制作技術審査(業界の方による直接指導評価)
3.作品プレゼンテーション審査(業界の方による直接指導評価)
4.作品販売(業界の方による直接指導)

【達成度】
社会人(求職者)が業界実務として実践する販売を意識した制作を実践させることにより、普段では知りえない規約等を意識した制作・売れる作品の制作を理解することを目的として提供する。普段の生活や、学校教育では学べなかった企業活動を理解することで、現場での就業を可能とする人材へと引き上げる教育プログラムとする。

【評価基準】
□他にはない販売できる作品を企画立案できる
□販売後のデバックが可能の作品制作ができる
□販売に耐える作品クオリティが出せる
□販売に必要な規約に沿った制作が実践できる