Skip to content

社会人ユニット「企業実務体験型」教育プログラム

教育プログラムの全体的な骨格

  • 平成27年度までの成果を活用する
    当該教育プログラムは平成27年度までに構築してきた「ゲーム・CG分野標準カリキュラム」内の産学連携ユニットを社会人ユニットへと改定して実施するものである。
  • 社会人向け新規教育プログラムを開発実施する
    社会人(離職者)に対してゲーム・CG業界が実践している一連の作業「企画~制作~プレゼン~販売」をコンテスト形式にて提供する教育プログラムを開発する。社会人(離職者)は学生(専門学校生・大学生)とは異なり多くの時間を費やすことは可能であるため、社会人(離職者)がより理解できる形式にて教育カリキュラムを開発し提供する。
  • 社会人(離職者)が就業前に「販売」を意識した開発を体験する
    学校や会社から離れている社会人(離職者)においては、制作が個人でしかできない状況でもあるため、制作した作品がユーザーに受け入れられるかが図れない。ゲーム・CG業界でも自分の作りたい作品を制作したがる傾向が強く、売れる作品を意識した制作ができない方も多い。このような背景からゲーム・CG業界では早期に「コスト管理」「販売意識」を植え付ける工夫を始めている。今回開発する教育プログラムではゲーム・CG業界で働くために必要な「コスト管理」「販売意識」を持つ人材を育成する教育プログラムである。
  • 「社会人講座」だけでは補えない「販売」に必要なルール
    作品を「販売」するための開発には多くのルールが存在する。自分のための作品制作をしている方々では「販売」までを意識するケースが低いため、多くのルールを理解していないケースが見受けられる。今回の教育プログラムでは作品コンテストを通じて、この「販売」に必要な多くのルールを理解することで、ゲーム・CG業界の必要な制作スキルを身につけさせることが可能となる教育プログラムを開発する。
  • 「販売を意識した開発」をゲーム・CG会社の技術者が直接指導する
    志望するゲーム・CG業界関係者により直接指導して頂くことにより、社会人(離職者)が日常的には理解する機会が無い、業界に必要とされる「売れる作品づくり」を意識できるようにする。
  • 平成28年度試験運用、平成29年度本格提供を行う
    平成28年度では学生に適応していた教育プログラムから社会人用に改定を実施し試験運用を行う。

実施した実証講座の概要

○ 実証講座の対象者
社会人(未就職者)   ※ゲーム・CG系教育大学卒者・専門学校卒者
独立起業予定者

○ 期間(日数・コマ数)
【実施期間】平成28年10月~平成29年2月
【日  程】
10月 企画指導
11月 企画募集締め切り
12月 制作指導
1月 作品応募締め切り
2月 最終審査作品プレゼン指導
3月 販売指導・販売開始 ※別予算にて実施する

○ 実施手法

  • 販売できる作品制作のため企業による企画直接指導を実施する
  • 販売のための制作規約を企業により直接指導する
  • 最終審査会を実施し販売のためのプレゼン指導を企業により実施する
  • 販売に向けた作品修正を実施し販売までを実体験させる

○ 受講者数
社会人(離職者) 17名(学生も入れ全体42名)
※社会人(離職者)には作品未展示者も見学参加可能

○ 受講者のうち就業、キャリアアップ、キャリア転換につながった者の人数
実績人数:社会人(離職者)5名
※再教育を受けるために学校に入学するものを除く
※独立起業者は除く