Skip to content

社会人ユニット「作品評価・ヒューマンスキル」教育プログラム

教育プログラムの全体的な骨格

  • 平成27年度までの成果を活用する
    当該教育プログラムは平成27年度までに構築してきた「ゲーム・CG分野標準カリキュラム」内の産学連携ユニットを社会人ユニットへと改定して実施するものである。
  • 社会人向け新規教育プログラムを開発実施する
    社会人(離職者)には就職活動時に必要である「作品」を、現場のクリエイターに評価して貰える機会が無い。今回開発する教育プログラムにより就職活動に耐える「作品」であるか評価して貰うことにより、どのような「作品」が実際の就職活動時に役立つかを知ることで就職に繋げることが可能となる。
  • 作品に必要なエンターテイメント性を育成する
    ゲーム・CG業界ではエンターテインメント性を意識した開発ができる人材を募集している。学校や会社から離れている社会人(離職者)においては、制作が個人でしかできない状況でもあるため、ユーザーに受け入れられるかが個人だけでは確認できない。ゲーム・CG業界でも自分の作りたい作品を制作したがる傾向が強く、売れる作品を意識した制作ができない方も多い。今回開発する教育プログラムでは、業界の求める人材に近づけるためのエンターテイメント性を指導する教育プログラムを開発するものである。
  • 「社会人講座」だけでは補えないヒューマンスキルを補う
    今回の開発する教育プログラムではゲーム・CG業界に適した人材像を直接ゲーム・CG業界の採用担当者から聞く機会を提供する教育プログラムを開発する。現在の自分に必要なヒューマンスキルを意識して貰うことにより、就職へと繋げるものである。ゲーム・CG分野の希望者に多い対人関係が苦手な方を改善するための教育プログラムを提供するものである。
  • エンターテイメント性やヒューマンスキルをゲーム・CG会社の技術者が直接指導する
    ゲーム・CG業界関係者による直接指導により、社会人(離職者)が日常的には理解する機会が無いゲーム・CG業界に必要とされる「エンターテイメント性」「ヒューマンスキル」を意識できるようにする。
  • 平成28年度試験運用、平成29年度本格提供を行う
    平成28年度では学生に適応していた教育プログラムから社会人用に改定を実施し試験運用を行う。

実施した実証講座の概要

○ 実証講座の対象者
社会人(未就職者) ※ゲーム・CG系教育大学卒者・専門学校卒者

○ 期間(日数・コマ数)
【東京日時】平成29年2月14日・15日 2日間
【日  程】
・事前(展示前) 参加者にて作品制作を実施
・指導時間(2ヶ月) ※Webを活用して実施

1日目 9:00~10:30 集合展示準備
13:00~22:00 ヒューマンスキル指導
作品評価指導
2日目 9:00~17:00 作品プレゼン
評価指導

○ 実施手法

  • 下記4項目に対して、会議等を通じた社会人(未就職者)基準設定を実施する。
  • 参加者に対して、就職活動時の「作品制作評価基準」指導を事前に実施する。
  • 参加者作品に対して、企業による「作品評価指導」を実施する。
  • 参加者に対して、企業による「ヒューマンスキル指導用セション」を実施する。
  • 参加者にて作品プレゼンテーションを実施し「プレゼン能力指導」を実施する。

○ 受講者数
社会人(離職者)16名(学生も入れ全体248名)
※社会人(離職者)には作品未展示者も見学参加可能

○ 受講者のうち就業、キャリアアップ、キャリア転換につながった者の人数
実績人数:社会人(離職者)3名
※再教育を受けるために学校に入学するものを除く
※再教育希望6名