Skip to content

社会人ユニット「制作技術」教育プログラム

教育プログラムの全体的な骨格

  • 平成27年度までの成果を活用する
    当該教育プログラムは平成27年度までに構築してきた「ゲーム・CG分野標準カリキュラム」内の産学連携ユニットを社会人ユニットへと改定して実施するものである。
  • 社会人(求職者)向け新規教育プログラムを開発実施する
    既存にあるゲーム・CG系社会人講座(制作スキル講座)では伸ばしきれない、「グループ制作スキル」を主として育成することを目的として開発する。
  • 異なる制作スキルを持つ人材が集まりグループ制作を実践する
    グループ制作を実施する場合の参加者は個々に異なる制作スキルにて参加している。このような状況は会社内においても同様なことであり、さまざまなスキルを持つ人材が集まりグループによる制作分担により開発が行われている。
  • 社会人(離職者)に不足する「グループ制作経験」を改善する
    学校や会社から離れている社会人(離職者)においては、個人制作でしか制作スキルを上げることができない。ゲーム・CG業界では開発が大きいこともあり多くの人数を掛けてグループ制作が行われている。教育現場でも多くの学校が個人制作を中心としていたこともあり、就職へ結びつかないでいた。委託事業の取り組みにより現在では改善傾向にあるが、社会人(離職者)においては機会の提供が無いため、希望する仕事につけないケースが散見される。
  • 「一般の社会人講座」だけでは補えないグループ制作スキル
    一般の社会人講座にて「ツール利用の理解」、「個人制作スキル」をつけることは可能であるが、「グールプ制作スキル」を身につけられない。現在行われていない「グループ制作スキル」をつけるための教育プログラムを開発提供する。
  • グループ制作をゲーム・CG会社のクリエイターが直接指導する
    ゲーム・CG会社では「ハッカソン」的な人材採用が増加しているが、多くの会社では現場のクリエイターが参加しているだけで指導はしてくれない。このような背景には採用のために人材をみるだけで指導できる人材が不足している現状がある。今委託事業の前身において「産学連携ユニット」を構築し学生向けに提供を開始しており、ゲーム・CG業界でも少ない人材育成を実践して頂ける方々に参加して頂いている。毎年参加される企業も増加しており、社会人(離職者)向けの教育プログラムにも積極的に参加して頂けることが想定される。
  • 平成28年度試験運用、平成29年度本格提供を行う
    平成28年度では学生に適応していた教育プログラムから社会人用に改定を実施し試験運用を行う。

実施した実証講座の概要

○ 実証講座の対象者
□社会人(未就職者)  ※ゲーム・CG系教育大学卒者・専門学校卒者

○ 期間(日数・コマ数)
【大阪日時】平成28年10月3日~7日  5日間
【東京日時】平成28年12月12日~16日 5日間
【日  程】

1日目 12:00 集合・グループ発表 ※Webの場合はネットミーティング
13:00~22:00 グループ企画
2日目~4日目 9:00~22:00 グループ制作 ※Webの場合には期間が異なる
5日目 9:00~12:00 グループ発表準備
13:00~17:00 グループ発表・評価 ※Webの場合にも集めて実施

○ 実施手法

  • 企業の必要とする「グループ制作能力」に対して、会議等を通じた社会人(未就職者)基準設定を実施する。
  • 参加者を複数グループに分け、グループ単位で企画・制作・発表を実施する。
  • このグループ制作中に、業界企業の方より企画指導・制作指導・発表指導を実施して頂き、現場に即した人材として必要な資質・能力を身につけさせる。

○ 受講者数
【大阪】10名(学生も入れ全体21名) ※制作的に不足を学生にて補う
【東京】12名(学生も入れ全体72名) ※制作的に不足を学生にて補う
【Web】16名

○ 受講者のうち就業、キャリアアップ、キャリア転換につながった者の人数
実績人数:社会人(離職者)8名 
※再教育を受けるために学校に入学するものを除く
※再教育希望6名